軽井沢で個別指導ならココ!小学生・中学生・高校生の受験指導を東大卒の講師がフルサポートします!

中軽塾の指導メソッド(その1)

  • HOME »
  • 中軽塾の指導メソッド(その1)

中軽塾の指導方法
生徒ひとり一人にあわせたカスタマイズ指導!

…良く聞くうたい文句です。でもこれが中軽塾の命です。

よく「勉強のやり方がわからない」「勉強のやり方から教えます」などという質問や宣伝を目にします。何度も目にします。では正解はあるのでしょうか?世の中に「勉強のやり方」という本はあるでしょうか?

そうです、万人に当てはまる勉強法ってないんです。ある人は1から理屈を考え抜いてものにし、ある人は定理と結論だけ天下り式に飲み込んでものにしてしまう。どっちが良くてどっちが悪いというものではありません。相手は試験なんですから「いい点数を取った方が正しい」わけです。

たとえば数学ができない生徒さんには大まかに2タイプいます。何にも考えない人と、考えすぎる人です。前者はまあ良くあるタイプ。後者は言われたことを自分なりに解釈しようとして、なんとか噛み砕こうとする。それはそれでいいのですが、限度があります。結局パンクしてしまって「この教科書なに言ってるのか良くわかんない」となってしまいます。

極端な話ですが、数学は全てを理解する必要は無いと考えています。本当に理解したければ大学で理学部数学科に行って、数論とか群論とか読みあさるべきでしょう。そしてそして数学の教育は、数学が発達してきた歴史とは逆向きに教えられています。何で円の面積が半径×半径×πなのか?これを小学生に考えろというのは無理があります。微分積分がわかる高校生なら考えられるかな?でもこんな話はざらです。

繰り返しになりますが、「いい点数を取った方が正しい」勉強法になるわけです。私は数学はツール=道具に過ぎないと考えております。。板に穴をあけるときに、ドリルを使うわけですが、ドリルの原理を理解する必要はありません。材質に合わせた使い方や使用時の注意事項がわかっていれば、安全に作業を完成することができるわけです。

ですので、中軽塾ではあまり教科書に重きは置きません。…っていったら全国の先生にボコられるな。無視はしませんが、どっちかというと問題集に重点を置きます。大事なのは問題を解けることであって、数学的な感覚=数感ともいわれますが、は後からついてきます。

もうひとつ、大事なのは自習の時間です。中軽塾は宿題を出します。初めは少しずつですが、段々と増えて行きます。本当は1から10までつきっきりでやらせる方法もありますが、月謝を考えると卒倒されると思います。また高校生年代にはZ会の通信添削など、あわせてやっておいた方がいい教材を勧めることがあります(強制ではありません)。これは高1、高2の間はとにかく時間をかけてじっくり問題に取り組むと言うプロセスが必要だからです。高3になってしまうと、スピード勝負の世界になりますので、はっきり言って考える時間なんてありません。体当たりでタイムアタックをかけることになります。自分で考える時間をきちんと確保してもらう。これが効率的かつ確実な成績アップへの近道です。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 080-6600-5828 受付時間:いつでも何時でも

PAGETOP
Copyright © 中軽塾(なかかるじゅく) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.